【福岡】輸入住宅のメリットデメリットを解説!後悔しないためのポイントは

福岡で輸入住宅ならデザイン豊富な株式会社プロデュース

福岡でハワイアンハウスといった輸入住宅を検討している方のなかには「実際輸入住宅ってどうなの?」と、迷っている方も多いでしょう。

この記事では、福岡で輸入住宅を建てたいという方に向けて、輸入住宅の種類や特徴をメリット・デメリット両方の側面から解説していきます。将来リフォームする際の注意点についてもご紹介しますのでぜひ、参考にしてください。

人気デザインと価格相場 アメリカンハウス・ハワイアンハウス

輸入住宅は、日本の住宅にはない雰囲気や間取りの広さが魅力的です。築100年以上の建物でも、資産価値が落ちないほどしっかりとしたつくりなのも人気の秘密でしょう。

福岡で輸入住宅の購入をご検討されている方に向けて、デザインの種類や特徴、相場などをご紹介します。建ててから後悔しないためにもぜひ、参考にしてください。

人気スタイルの特徴

Features of popular style

「福岡で輸入住宅を建てたい」と思っている方のなかには、実際どのようなデザインがあるのか、具体的にはわからない方も多いかもしれません。ここからは輸入住宅の特徴や人気のデザインを紹介していきます。

輸入住宅は2種類ある

輸入住宅は、主にヨーロッパスタイルと北米スタイルの2種類があります。どの輸入住宅も床材や壁材などの素材にこだわり、質感や風合いを大切にしたデザインです。

スウェーデンやフィンランドで主流なのが北欧スタイルです。断熱効果を持っているため冬は暖かい住宅が多いのが特徴です。内装も木の温かみを感じることができます。

一方の北米スタイルは、元々ヨーロッパから来たアメリカの移民がデザインした住宅が主流となっています。アーリーアメリカンスタイルといったものが有名です。福岡では、特にアメリカンハウスの人気が高い傾向にあります。

輸入住宅の特長

輸入住宅の大きな特長は、ゆったりとした間取りです。日本の住宅は基本となる寸法が910mmとなっています。それに対しヨーロッパスタイルは1200mm、北米スタイルは1220mmとゆったりとした設計です。例えば、廊下や階段などで家族とすれ違うとき、輸入住宅の場合は余裕を持ってすれ違うことが可能です。

アーリーアメリカンハウス

日本で人気のアーリーアメリカンスタイルは、60年代のアメリカを意識したアメリカンハウスです。60年代のアメリカといえば、日本人が最も憧れを抱いた古きよき時代です。

ハリウッド映画に出てきそうな外観や内装、広々としたキッチンやウッドデッキ、ガレージなど、オールドアメリカンな雰囲気が好きな方にはピッタリのデザインとなっています。

ハワイアンハウス

ハワイアンハウスはアーリーアメリカンハウスと同様に古きよき雰囲気の住宅で、ハワイの雰囲気が好きな人におすすめのデザインです。ハワイは土地が広いことから平屋が多くシンプルな間取りで、窓が大きく風通しがよいのもポイントでしょう。

福岡の株式会社プロデュースはハワイのように広い土地が確保できなくても、海外の長寿命住宅のノウハウがあるため日本の土地の広さや風土に適したハワイアンスタイルに仕上げることができます。

相場はどれくらい?

How much is the market price?

輸入住宅には上記で紹介したスタイルのほかにも、たくさんのデザインがあります。しかし、気になるのは価格相場ではないでしょうか。ここからは、輸入住宅の価格相場についてご紹介していきます。

輸入住宅は幅広い

輸入住宅の相場と一口にいっても、輸入住宅自体にはっきりとした定義が無いので、なんともいえないというのが正直なところです。実際に小さな平屋住宅からヨーロッパのお城のような住宅まで、幅広いスタイルがあります。

また、海外から住宅を丸ごと1棟輸入する建て売りのようなスタイルから、海外の住宅で使われている資材を輸入して、希望のスタイルに沿って建築するスタイルまで様々です。どのようなアプローチで組み上げるかによっても価格が変わってくるでしょう。

輸入住宅の坪単価

坪単価でいうと、安いもので約30万円から高級仕様で100万以上と幅広いため、平均的な相場は、約60~100万円程度と考えられます。日本のハウスメーカーの相場とさほど変わらない印象を受けます。

マテリアル

建材や設備を高級にしていくと、価格はどんどん上がっていきます。外観だけ洋風で内装は普通の住宅というのでは、あまり意味がないため、建材や内装に凝っていくうちに高額になっていくパターンも少なくはありません。

コストを抑えるには?

日本の住宅も輸入住宅と同様、こだわりはじめたら見積もりがどんどん高くなっていきます。どうしても予算内でおさめたいのであれば、譲れないこだわりと優先度の低い部分などを設計者に伝えて、予算内におさまるようにしてもらうことが重要です。

しかし、予算にこだわるあまり外装と内装であまりにも差のあるちぐはぐな家が建ってしまわないよう注意しましょう。

福岡で輸入住宅をお考えなら!後悔しないためのポイントは?

実際に輸入住宅を建てる際に後悔しないためのポイントを紹介します。住宅はとても高価なもので一度建ててしまうと簡単に立て直せません。メリットやデメリットをしっかりと理解して後悔しないようにしましょう。

また、リフォームの際の注意点もお伝えします。福岡で輸入住宅を建てたい、将来のリフォームについて知りたいという方はぜひ、参考にしてください。

メリット・デメリット

merit and demerit

まずは、輸入住宅のメリットについて紹介します。

デザインがおしゃれ

輸入住宅のメリットはなんといっても、デザインがおしゃれなことです。映画に出てくるようなヨーロッパの住宅やアメリカンハウスなどは憧れを抱いてしまうものではないでしょうか。また、ハワイの雰囲気を取り入れたハワイアンハウスもデザイン性が高く、福岡で人気の輸入住宅です。

断熱性や気密性が優れている

特に北欧のヨーロッパスタイルは極寒の地でも外気の影響を受けない高気密な住宅が多いです。ただし、日本とは気候が違うため日本の気候に合った設計にアレンジする必要があります。

耐震性が優れている

輸入住宅の主流はツーバイフォー工法です。日本でも各ハウスメーカーが取り入れるようになりましたが、まだまだ歴史は浅い点は否めません。ツーバイフォー工法は面で支えるため、耐震性能に優れているのが特長です。福岡県周辺には海溝型地震の震源域はないものの、予想されている南海トラフの地震で影響を受ける可能性がありますので、耐震性能は気になるところでしょう。

開放的な間取り

輸入住宅は間取りが広いのが特長です。開放的な間取りを好む人にとっては、メリットが大きいでしょう。ゆったりとした空間で暮らしたいなら輸入住宅の広い間取りがおすすめです。

ここからは、輸入住宅のデメリットについて紹介します。

輸入住宅はおしゃれなデザインで人気がある一方、ライフスタイルの変化を予測して建てる必要があります。

メンテナンスの不安

輸入住宅のデメリットとして、メンテナンスに関しての不安が考えられます。故障したときは部品が無かったり、輸入しなくてはいけなかったりと、メンテナンスに手間がかかります。アフターメンテナンスのしっかりしたメーカーを選べるかどうかがポイントです。

インテリアを統一するのが難しい

輸入住宅を建てる人は、インテリアにこだわりのあることがほとんどです。家の雰囲気に合わせて家具も統一しなければ、ちぐはぐな住宅になってしまうので、インテリア選びは難しいといえます。事前に自分が建てるスタイルに合うインテリアを研究しておきましょう。

アメリカンハウスやハワイアンハウスは、家具をアメリカのビンテージ風にしたり、ハワイの家具を取り寄せたりなどすると、インテリアが統一しやすくなります。

リフォーム時の注意点

Precautions when remodeling

最後に輸入住宅をリフォームする際の注意点をいくつか紹介していきます。

リフォームの施工は難易度が高い

輸入住宅と日本の住宅では、建物の造りが異なります。そのため、輸入住宅のリフォーム経験が無ければ、施工が難しくなります。そのため、様々なリフォームに熟知した業者やリフォームに詳しいメーカーに依頼する必要があります。

材料費が高い

輸入住宅を建てる際には、海外から建材などを輸入することがほとんどですが、リフォームも同じく輸入する機会が多くなります。そのため、材料費が高くなってしまうのが注意点です。日本の住宅をリフォームする場合と比較すると、約1.5倍から2倍の材料費になってしまうこともあるため、費用に余裕を持ってリフォームをしましょう。

材料の取り寄せに時間がかかる

輸入住宅をリフォームする場合は材料の輸入に時間がかかる分、工期もかかります。前もって計画し余裕を持った工期でリフォームしましょう。

間取りの変更が難しい場合もある

輸入住宅のデザインによっては、間取りの変更が難しい場合があります。日本の住宅は壁を取り外してリフォームすることは簡単ですが、輸入住宅では壁の取り外しが難しいデザインも少なくありません。建てる際には、将来のライフスタイルを予測して、リフォームしやすいデザインにしてもらうとよいでしょう。

アメリカンハウスやハワイアンハウスは、新築時から仕切りを少なくしたデザインなので比較的リフォームしやすいです。また、リフォームも行っているメーカーにデザインから依頼できれば後々のリフォームがスムーズになります。

福岡で輸入住宅の建築・リフォームなら 専門メーカー株式会社プロデュースへ

福岡で輸入住宅を建てたい方に向けて、輸入住宅の特徴や種類、メリット・デメリット、リフォームをする際の注意点などを紹介しました。

株式会社プロデュースでは、日本・福岡の風土や基準に対応したおしゃれで快適な住空間を提供しています。また、リフォームにも対応できるメーカーのため、将来的にも安心です。福岡で輸入住宅をご検討の際やメーカーをお探しの際は、お気軽にお問い合わせください。

コラム一覧

福岡で輸入住宅を検討している方は必見です!

会社名 株式会社プロデュース
代表者 吉田 茂利
住所 〒810-0064 福岡県福岡市中央区地行3丁目27番18号
電話番号 092-776-0086
FAX 092-776-0809
E-mail info@produce-fukuoka.jp
URL 輸入住宅.福岡.jp
許認可番号
  • 建設業許可番号 福岡県知事  許可(般-1) 第108061号
  • 宅地建物取引業許可 福岡県知事 (1)第17636号

福岡市で注文住宅のご相談なら | 株式会社プロデュース